Pocket

スポンサーリンク

 

なんで泣きやまないの?どこか悪いの?おむつも変えたし、ミルクも飲まない...。もう、私のほうが泣きたいよ。

何をしても泣き止まなくて、困ってしまうことがあります。「困る」という感情を過ぎるとイライラもしますね。

 

でもそれは、あなたのお子様だけではありません。そして、あなたが悪いからでもありません。

赤ちゃんは泣くのが仕事。肩の力をぬいて、頑張って泣いてるなぁ~と見守っててもいいんです。

 

赤ちゃんが泣きやまないと、どこか具合が悪いのかなと心配になったり、虐待だと通報されたらどうしようと不安になったり、だれか助けて!と言いたくなることもありますよね。焦るけど、焦らないで。そんな時こそ冷静になりましょう。

 

今回は、泣き止まないと困るあなたにお届けします。深呼吸するきっかけになれば嬉しいです。

 

 

身体チェックをもう一度やってみる。

 

おむつを替えたばかりであっても、服を着せ終わったその瞬間に出ていることもあるのです。

新生児の時、ありませんでしたか?替え終わったとたんにブリブリブリ!と、でてきたことが。

 

おむつかぶれがあると、少しのことで不快感や痛みを感じたり、おむつはキレイでもヒリヒリと痛みが続くことがあります。

あせもがある場合は、かゆくて泣いていたこともありました。掻くというよりは強めにさする感じで、掻いて落ち着くこともあります。

 

また、泣くのは赤ちゃんにとって全力疾走と看護師さんから教わったことがありました。

だから、泣くだけで暑くなってしまうので、服を1枚脱がせるとスッと気持ち良くなり、泣き止むこともあります。

 

母乳が出すぎて飲みにくい、ミルクが少し熱くて飲めないなど、本当に些細だと思ってしまうことで泣いていることもありました。

まだ熱いと冷ましていたら、反対に冷ましすぎて飲まなくて、お腹を空かせた赤ちゃんにギャン泣きされてイラッとして哺乳瓶を投げる。

 

これは、2人目が数か月の時の昔の私です。自分がイライラすると、イライラの無限ループが出来上がってしまい、抜けるのに一苦労でした。小さいと、別の生き物のような気分になりますが、同じ人間。自分の機嫌が悪くなるのはどんな時かを考えてみましょう。

 

7人目が1歳半くらいの時、言葉がすこし分かるようになってきて、「抱っこしてるから寝てもいいよ」と声をかけたら、うなずいたので背中をトントンしていると、安心した様子ですぐに寝たこともありました。

 

その時は回りがバタバタしていたので、寝てもいいのか小さいなりに考えていて、ストレスになっていたのではないかと感じました。

泣いていても元気なら大丈夫。しかしながら、どことなくいつもと違うかも...と心配になる時は、受診も考えてみましょう。

 

先輩ママ

小さい時は、腫れ物に触るようだったわ。泣き止まなくて本当に困ったの。

 

優しくあやしてみる。

 

縦でも横でも、赤ちゃんが落ちつく抱き方で抱っこして、背中をポンポンとやさしく撫でます。1人目の時、旦那が子どもにポンポンしてくれていたのですが、泣き止まないのでどうしたのかと観察していたら力が強すぎだったことがあります。

 

ポンポンかるく叩くのではなく、撫でるくらいで大丈夫です。とにかく優しくですね。

それと、安心するかなとの思いから自分の心臓に近いところに、赤ちゃんの耳をもってきていました。

 

声を聴いて安心できるようにとの思いで歌を歌ったり、妊娠中に聞いていたヒーリング音楽を聞いたこともあります。

ネットで調べた、おくるみでくるんで落ちつかせる方法やゴミ袋でシャカシャカも使っていました。

 

我が家の場合、こうすれば絶対に泣き止むという方法がなかったため、気分や状況でいろいろ試していたのです。

赤ちゃんが安心して落ち着けるようにということを基本として、1歳頃までは体内を思い出せるように環境を作っていました。

 

妊娠中に聞いていたヒーリング音楽は、泣き止む確率が高かったです。自分も一緒にリラックスができるからでしょうか。

「そんなに泣いたら、ママが泣きたくなるよ。」と言いながら、ギュッと抱きしめるだけの時間もありました。

 

ただひとつ、確実だと言えることがあります。それは、永遠に続くように思えても、必ず終わりがあるということ。

先輩ママ

そういえば、窓際で外の空気を吸うのも、気分転換になって落ち着くことがあったなぁ。

泣き止まなくてイライラするのはなぜ?

 

笑い声はどんなに聞いても平気ですが、泣き声は疲れるしイライラを引き起こしますよね。

じつは、赤ちゃんは自分をアピールするために、自分のお母さんが反応する周波数で泣くとも言われているのです。

 

本能的に反応してしまう部分なので、イライラすることは仕方のないことだと言えるでしょう。

そして泣き声は、感情も大きく揺さぶられます。子どもの泣き声でイライラすることは、この感情が大きいのではと考えます。

 

  • 母親失格と言われている気分になる。
  • 自分の予定が進まない。
  • 虐待だと思われないか心配になる。

 

あなたはいかがでしょうか?

決してあなたが悪いわけじゃないから、「泣きたいんだね、泣く仕事しっかり頑張ってるんだね。」と1歩ひいた視点で受け止めましょう。

 

泣くことは、赤ちゃんにとって唯一のコミュニケーションツール。あなたを信頼しているから泣くのです。

ギュッと抱っこして、あなたのぬくもりを感じてもらいませんか?

先輩ママ

泣くと大変だから、泣くのは当たり前のことって忘れかけていたわ。

 

イライラしないことが大事。

 

母であるあなたの精神状態は、そのまま子どもたちの居心地の良さにつながります。

赤ちゃんが泣いてるからご飯が作れなくてイライラするなら、抱っこやおんぶをして作業をすすめるのも1つです。

 

いっそのこと「仕方ない!」と、何もしないこともアリでしょう。

もし旦那様が完璧を求めるなら、旦那様の態度にイライラしないように、旦那様の協力も必要不可欠になります。

 

赤ちゃんが泣いているからできないではなく、泣いているけど何ができるか?というように考え方を変えることも大切。

それでも、限界があるものですよね。どうしても「無理」となる前に、試して欲しいことがあります。

 

なぜなら、焦ったりイライラしていると赤ちゃんにも伝わって、もっと泣き止まなくなることがあり悪循環だからです。

イライラしたり焦ったりしていると、いつもより力が強くなるもの。揺さぶられ症候群など危険が増えてしまいます。

 

安全確認をした上で少しの間離れる。

赤ちゃんの周りに危ないものがないかをよく確認して、目を離さず体はすこし離れましょう。

その間にお茶タイムをしたり、ストレッチなどをして体を動かしたり気分転換をするのがおすすめ

 

命が危険になってはダメだから、物理的に距離を置くのもいい選択肢となるのです。泣き止まない!と電話をしたり、SNSにあげることで「自分も同じ。」と共感されて、ホッとしたら気持ちを切り替えることができるかもしれません。

 

離れることで見えてくるものもあるはずです。

 

旦那様や親などを頼る。

眠い時や、疲れている時など、自分に余裕がないと泣き止まないことに腹がたってきます。

「私は眠いのに、いつまで泣いてるのよ!」となること、ありませんか?となりで旦那様が寝ていたら気も遣います。

 

でも遠慮せずに、1時間だけお願いするとか頼ってみてください。ひとりで全部しようと抱え込まないでもいいのです。

そのために、私はこうして欲しいということを、言葉にしてみてください。

 

「○○して!」だと命令系になり反発心が起きるので、「○○してくれたら助かる!」という風に、自分の目線で話すといいですね。

伝えたつもり、察して欲しいと言う無言のオーラだけでは伝わりません。だから、言葉でしっかりと伝える必要があるのです。

 

旦那が役にたたないとイライラしてる?その前に、ちゃんと伝わるように希望を伝えていますか?

手伝いたくても、どうしていいのか分からなくて、旦那様もイライラすることになりかねません。

 

先輩ママ

あなたがイライラしなくてもいいように頼れるものは頼って。完璧にしなくても大丈夫だから。

 

*まとめ*

 

いかがでしたか?今回は、赤ちゃんが泣き止まなくてイライラした時の対処法についてお届けしました。

おむつやミルクを確認してあやす、それでもダメなら、ちょっと離れて深呼吸しましょう。

 

泣くのは仕事であり、コミュニケーションツールなのです。そんなにビクビクしなくても大丈夫ですよ。

心配しなくても、辛かった、大変だったと笑い話になる日がきますから。

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


子育て情報ランキング

スポンサーリンク