Pocket

スポンサーリンク

 

この本読んで~!もう1回!もう1回!

好きな絵本に出会ったら、何度も何度も「読んで」と言われて正直うんざり...なんてことはありませんか?

 

実を言うと、絵本は子育てにマストのアイテム。せっかく読み始めても最後まで聞いてくれないこともありますが、どんどん読み聞かせをすると良いことがたくさんあります。読み聞かせの効果とはひとつだけではありません。

 

「ママが好きな絵本を子供と一緒に楽しむことで、得られるものがたくさんある」です。今回は、絵本の読み聞かせについてご紹介します。

 

読み聞かせの嬉しい効果とは?

 

絵本を読んで聞かせる、読み聞かせ。何度も同じページばかり読むことになったり、途中まで読んで最初のページに戻ることになったり...。気持ちよく読めないこともありますが、子供にとってはそれでもじゅうぶん。

 

絵本の読み聞かせをするといろんな効果が得られます。

言葉の習得をうながす。

言葉をたくさん聞いている子供の方が言葉を話すのが早いです。兄弟がいたり保育園に通っている子供の方が、話し始めるのが早いのはそのため。だから、家族がいろいろ話しかけることは、とても大切なのです。

 

絵本を読むことで、言葉の持つ美しいリズムや豊かな表現などにより、発語がうながされます。子供が自発的に、「話したい・自分の気持ちを伝えたい」とおしゃべりをするようになると、子供の言いたいことが通じるので、ムダなぐずりがなくなります。

 

想像力が豊かになる。

現実には不可能なことでも、絵本の中なら自由自在です。イヌもネコもしゃべりますし、お姫様にも魔法使いにもなれちゃいます。

想像力が豊かな子供は、人の気持ちが理解できるし、発想する力がついてクリエイティブな才能を持つ子供になります。

 

大人になってから、現在でも多方面で活躍している人の多くが、小さい頃から絵本が好きだったと言っています。池上彰さんに落合恵子さんや、体操の内村航平選手も指導者である母親が読み聞かせをしていたそうです。

 

集中力があがる。

将来の国語の成績のために絵本を読ませるのはお勧めしませんが、絵本好きが本好きになって、結果として国語の成績が良くなることは多いです。絵本には普段の生活では使わない言葉も絵本にはたくさん出てきます。

 

絵本を読み聞かせしてもらっている子供は、やがて自分でも読むようになり、絵のない本も読めるようになります。本を読んでいると語彙が豊富になるので、言葉に強いです。言葉のセンスが良くなり作文も上手。

 

小学生の息子が返すむずかしい言葉に「へ~っ」となった記憶があります。また、次のページをワクワクして静かに待つので、集中力もついてきます。

 

コミュニケーションが増える。

絵本の読み聞かせの一番の効果はこちら、親子のコミュニケーションです。パパが仕事に行って子供と2人きりで家にいると、何を話すといいのか分からなくなることがありませんか?そんな時でも、絵本の読み聞かせならいくらでも話せますね。

 

絵本に出てくるチョウチョを公園に探しに行ってもいいし、絵本に出てくるパンを食べてもいいですね。ママがお出かけの時も、子供のお気に入りの1冊があれば、パパやおじいちゃんおばあちゃんも、お留守番が少しは楽になると期待できます。

 

大人になると絵本を読むことは減りますが、子供と一緒に読むことで「これ読んだことある」「これ大好きだった」と、子供の時のことを思い出せます。懐かしいのはもちろんですが、それだけではありません。

 

自分が子供の時のことを思い出せると、子供のいたずらや失敗にも寛大になれます。「ママもそうだったよ。でもね、いたくなるから止めようね。」って言えるとママの精神状態もラクです。

 

スポンサーリンク


 

絵本選びのコツとは?

 

絵本の読み聞かせが効果的なのは知っていても、どれを読んだらいいかわからないと悩む声をよく聞きます。答えは簡単。

「自分が好きな絵本」を選んでください。あなたの好きが基準ですから、どんな好きでもOKです。

 

色がキレイ、絵がかわいい、文字が少ない、読みやすい、ストーリーが楽しい。どれも大正解!なぜなら、子供が絵本を気に入ると何回も読み聞かせることになるから。何回でも読める絵本を選んでください。

 

そうなると自然に、面白くない絵本、長すぎる絵本、言いにくい言葉がある絵本などは避けるでしょう。ママが読んでいる姿を子供は見ています。絵本が楽しいと伝えたいですね。あとは絵本に対象年齢が書かれているので、私はそちらも参考にしています。

 

読み聞かせにおすすめの絵本をご紹介!

では、実際にどのような絵本があるのか、我が家で人気の絵本を紹介します。

<もこもこもこ/たにがわしゅんたろう>

冒険の話...擬音語ばかりで、よく分からないけど楽しいです。子供たちも大好き。声色で遊んだり、読むスピードで遊んだり、不思議な空気感ができます。早口で読んだら大爆笑でした。 想像力が働く1冊。

 

<おててがでたよ/林朋子>

赤ちゃんが服を着ていく絵本。ページを開かなくても読めるのではないかと思うほど大好きです。イラストもかわいくて大好き。ひとりで着替えをし始める時も「おててがでたよ」「あんよがでたよ」と言いながら楽しく着替えるようになります。

 

言葉が短いので読みやすく、何度も繰り返される「もういっかい」や、忙しい時の「これ読んで」にも気持ちが楽で助かりました。

 

 


いないいないばぁあそび/きむらゆういち

仕掛け絵本になっていて、イヌやネコが本当にいないいないばぁをします。単純だけどよくできている本です。「いないいないばあっ!」と言いながら、勢いよくページをめくる姿に嬉しくなります。

 

シリーズで、しつけ絵本もあります。押しつけがましくないので自然に学べて、読んでいても楽しいです。

 


きんぎょがにげた/五味太郎

きんぎょを探す絵本。2歳くらいになるときんぎょを探せるようになり、「ここ!」と教えてくれる姿がかわいいです。探せなくても色鮮やかでキレイなので、見ているだけで楽しい1冊。

 

五味太郎さんの本はどれも単純で分かりやすく、視覚的にも楽しいです。「かかか」とか「りりり」も楽しい1冊。

 


しろくまちゃんのほっとけーき/わかやまけん

しろくまちゃんがママとホットケーキを作って食べる、それだけの本。作る手順が書いてあるので、これを読むとホットケーキが食べたくなります。わが家でホットケーキを作る時は、絵本を再現する時間になるのです。

 

子供たちが絵本のセリフを真似するので楽しく作ることができて、「できたできた ホカホカのホットケーキ」と言って喜びます。

 

<はじめてのおつかい/筒井頼子>

はじめてのおつかいで、ドキドキしながら頑張る様子が描かれた絵本。自分が幼稚園の時に大好きだった絵本で、この方のイラストも大好き。一緒に感情移入がしやすいので、子供も「がんばろう」と前向きな気持ちになれます。

 

しっかりとした絵本なので、時間のあるときに読み聞かせをするのがおすすめです。登場人物で声色を変えると、いっそう楽しめます。

 

紹介しきれないくらい、まだまだあります。もしも、あなたが本を読むのが嫌いなら、絵が多いもので子供との会話を自由に楽しむといいですよ。

 

スポンサーリンク


 

*まとめ*

 

いかがでしたか?今回は読み聞かせの効果についてお届けしました。絵本は子育てのマストアイテムです。

絵本を利用してしつけをするよりも、コミュニケーションのひとつと考えましょう。

 

絵本選びのコツは、「自分が好きな絵本」でOK。何度も読めるくらい好きな絵本を選んでください。子供が絵本をなめているだけ、めくっているだけでもOK。絵を見るだけでも刺激になるし、やがて、絵本の世界があることに気が付く時が来るからです。

 

ママが子供の頃に好きだった絵本、新しく出た楽しい絵本を探してみてくださいね。

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


子育て情報ランキング

スポンサーリンク