Pocket

 

便秘に有効だとされるお茶はたくさんありますが、「ナチュレライフのごぼう茶」もそのひとつです。便秘やダイエットに効くということで、ごぼう茶がブーム。いちばん効果的な飲み方は朝と就寝時前です。

 

この記事では、便秘に有効なごぼう茶の効果的な飲み方ついて解説をします。また、下記のリンクから公式サイトで詳細情報をご確認いただけます。

 

毎朝のスッキリをサポート【ナチュレライフのごぼう茶】

 

ごぼう茶の効果的な飲み方!

ごぼう茶は普通に飲んでも効果的です。さらに、効果を最大限に引き出したいなら朝と就寝時がおすすめ。

朝に飲むことで栄養の吸収の効率をよくして、就寝前にはリラックス効果を高めることができます。

 

また、アイスでもおいしく飲めますが、ホットで飲むほうが内蔵を温めてくれるので効果が増します。お茶として飲みにくい時は、みそ汁の水として使っても。加えて、残った茶殻も料理に使うことができます。

 

というのも、ごぼう茶はごぼうを細かくして乾燥して作るお茶です。ごぼうは様々な栄養や効力があって健康に良い食材。ととはいえ、そのままでは食物繊維が多く吸収できないものもあるんだそう。

 

その点、皮ごと使って作るごぼう茶なら吸収もしやすく、栄養もギュッと濃縮されています。だから、ごぼう茶の茶殻にも栄養がたっぷりと含まれているので捨てるのはもったいないのです。

 

茶殻を使ったきんぴらや卵焼きを作るだけで、ごぼう茶を最大限に使い切ることができます。お茶にして飲んで、茶殻は食べて。余すことなくごぼうの栄養を摂ることができますよ。

 

ごぼう茶の成分と効果効能は?便秘改善にも期待!

  • イヌリン。
  • ポリフェノール。
  • サポニン。

 

ごぼう茶には上記のような成分が含まれていて、下記のような効果効能があると言われています。

 

  • 免疫力アップ。
  • 脳卒中・心臓病・がんの予防。
  • 冷え性・肩こり・腸内環境の改善。
  • 血糖コントロール。
  • 美肌・アンチエイジング。

 

イヌリン

イヌリンは水溶性食物繊維の一種です。このイヌリンは糖の吸収を抑えて血糖値の上昇を防ぎます。肥満防止にとても効果的な成分です。整腸作用効果もあり、便秘には非常に有効

 

また、体内の水分を外に出す作用もあるので、むくみの改善にも効果的です。ごぼうを普通に調理して食べるよりも、乾燥して焙煎することでギュッと10倍に濃縮されているそう!

 

ポリフェノール

ポリフェノールはコーヒー、紅茶にも多く含まれていて有名な成分です。というより実は、ポリフェノール自体はほとんどの植物に含まれています。このポリフェノールは抗酸化作用が非常に強くアンチエイジングに効果的。

 

飲むことで、生活習慣病や心臓疾患、高血圧予防など様々な効果も期待できます。

 

サポニン

サポニンは根菜類や豆類に多く含まれている成分であり、美容ケアにも役立つ成分。抗酸化作用や免疫力を高めるために効果的。ほかにも、血液をサラサラにする効果やコレステロール値を下げる効果があると言われます。

 

実を言うと、普通に調理すれば捨ててしまう皮の部分に多く含まれている成分。九州産のごぼうを皮ごと使っているので、しっかりとサポニンが摂れるのです。

 

ごぼう茶にはこれらの成分が含まれており、健康に良いのが一目瞭然。

 

*まとめ*

ごぼう茶を効果的に飲むタイミングとしては、朝と就寝前にホットで飲むことがおすすめ。そして、茶殻にも栄養成分がたっぷりと詰まっていて調理に使うことで、ごぼう茶を最大限に活用することが可能です。

 

ごぼう茶に含まれるイヌリンやポリフェノール、サポニンは生活習慣病予防や便秘改善効果も期待できます。

 

ごぼう茶を生活に取り入れて、便秘知らずの健康的な毎日を送るようにしてくださいね。下記のリンクから公式サイトで詳細情報をご覧いただけます。

 

こちらからどうぞ↓↓