Pocket

 

3歳の女の子といえば、プリンセスに憧れて可愛いものが大好き。3歳の男の子なら、ヒーローに憧れてカッコイイものが大好き。髪も可愛くアレンジしたらテンションが上がること間違いありません。

 

子供のかわいい笑顔が見られたら自分も嬉しいですね。でも、3歳って髪の毛がまだ薄かったり、1回も切っていないのに伸びていなかったり、どうヘアアレンジをすれば良いか悩むところ。

 

女の子ならなおさらですが、薄毛でも大丈夫です。便利なグッズを使って、七五三らしいヘアアレンジができます。今回は薄毛でも簡単にかわいく仕上がるヘアアレンジについて紹介します。

 

スポンサーリンク


 

3歳の七五三!簡単ヘアアレンジ!

女の子の場合

髪に長さがない時は、髪飾りを使いましょう。いつもの髪型に飾りを付けるだけで簡単に、可愛い七五三ヘアになります。ぱっと目を引く大きめな物や揺れる物がおすすめ。

 

薄毛の場合には、パッチン留めタイプが取れにくくて良いでしょう。もっと特別感を出したければ、毛先をゆるく巻いて動きを出したり、内巻きにしたりするのも、華やかになって良いですね。

 

七五三はやっぱりアップにしたいという場合は、付け毛を使ってヘアアレンジをしてみましょう。ボリュームがなくて小さなお団子しかできなくても、お団子まわりに付け毛をプラスするだけで華やかに。

 

子供らしい2つ結びのお団子も、付け毛があればできます。シュシュタイプの付け毛だと簡単に付けられて良いでしょう。我が家の娘たちも、この方法で簡単にかわいく変身できたので大満足です。

 

男の子の場合

男のなら小物は不要ですね。髪の毛を固めるだけで簡単にカッコイイ髪型ができあがります。ツンツンさせたり、ねじって動きをつけるのがおすすめ。

 

我が家では、男の子の髪型はパパにやってもらいます。滅多にないことなので喜んでいました。事前に子供が好きな髪型をYouTubeなどで見イメージしておくと当日スムーズにできます!

 

3歳の七五三で必要なものをリストアップ!

 

3歳の女の子は、着物ではなく「被布(ひふ)」を着せます。「被布」は着物の上から着るベストのような形をしている上着のこと。3歳の子がきつい帯を締めずに着物を着られるように、お腹の部分をすっぽりとおおいます。

 

七五三で被布を着る場合の必需品は以下の通りです。

 

  • 着物
  • 被布
  • 長襦袢(半襟を縫い付ける)
  • 腰紐(へこ帯)4~5本
  • 足袋、草履
  • 巾着
  • 髪飾り

 

これらは、必ず用意した方が良いでしょう。

その他にあれば良い物として、このようなものがあります。

 

  • 伊達衿(だてえり)
  • 肌襦袢(はだじゅばん)

 

伊達衿は、着物に縫い付けることで着物を2枚着ているように見えるので華やかな印象になります。肌襦袢は、着物用の下着のこと。着物を着た時に見えないような首元の広いシャツで代用できるので、なくても大丈夫です。

 

最近では、必要な物がセットになって販売されている場合が多く安心できます。とはいえ、小物などが含まれていないこともあるので、購入の際はしっかりチェックしましょう。

 

必要でないけれどあれば助かるもの

自分自身が持っていて良かったと感じたものです。

  • 靴(お参り以外の移動は靴がラク)
  • ばんそうこう(もし靴ずれしても安心)
  • 着替えの服(脱ぎたがることもある)
  • 大きめのハンカチ(疲れてどこでも座るかも)
  • 洗濯ばさみ(着物で食事の時にエプロンや袖を留められる)
  • お茶や一口で食べられるおやつ(ぐずった時のお守りに)
  • おしりふき(なんでも触るからお手拭き代わりに)

 

上記のものは、わざわざ持ち歩かなくても、車に乗せておくだけで安心感があります。

 

スポンサーリンク


 

1月生まれの七五三は3歳でする?タイミングは?

 

七五三はいつお祝いすれば良いのでしょうか?昔は、生まれた年を1歳として、お正月に1つ年をとる「数え年」で行われてきました。現代では、生まれた年を0歳として、誕生日に年をとる「満年齢」で行われることが多いです。

 

つまり、3歳の誕生日を迎えた次の11月15日ですね。しかし、1月生まれなど「早生まれ」の場合は、満3歳で七五三を行うと同級生と別の年になってしまいます。同級生と一緒にお祝いしたいという理由で、「数え年」を選ぶ方もいます。

 

七五三のお祝いのタイミングは、各家庭の判断で良いでしょう。七五三は、着付けやヘアメイクに時間がかかったり、神社での儀式の間静かにしていなければならなかったり、子供にとって負担もあります。

 

「まだ子供への負担が大きすぎるかな。」と感じる場合には、「満年齢」でする方が無難でしょう。我が家の3月生まれの娘は満年齢でしました。

 

また、兄弟で一緒にお祝いができると、写真が一段と華やかになるうえ経済的にも助かりますね。そんな時は、「満年齢」と「数え年」を組み合わせて一緒にしてしまいましょう。

 

*まとめ*

 

初めての七五三。分からないことだらけでハードルが高く感じてしまいますが、3歳の幼い子が着物をまとっている姿は可愛らしいです。通りすがりの人さえも微笑ましい気持ちになって、つい見とれてしまいます。

 

きっと家族の良い思い出になりますよ。素敵な1日を過ごせますように!

関連記事:Famm(ファム)カメラマンの出張撮影!お宮参りの料金や口コミは?

 

スポンサーリンク


 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

 

子育て情報ランキング