Pocket

 

なんで私ばっかり我慢しなくちゃいけないの?ふたりの子供なのに~!

このように、ワンオペだったり共働きで家事の役割に不公平さを感じてストレスを感じていませんか?

 

日本でもだいぶん共働きが当たり前となっていますね。女性が安心して働くことができるようにと社会全体が変わりつつあるからです。女性の社会進出により女性は「家事・育児・仕事」を担う万能の存在になりました。

 

しかし、これは社会でのこと...。家庭に戻れば、古い習慣が残るところが多いのも事実。

その習慣とは「男性は家事をしない」ということ。

 

とはいえ、少しづつでも分かってもらえるように伝えることが大切です。実際に私自身も共働きでワンオペでしたが、言い続けることにより改善しています。

 

今回は、家事分担でストレスを減らせるように家事アプリについてご紹介します。

 

見えない家事・名もなき家事で喧嘩は避けたい!

 

  • よく話し合う。
  • 具体的に伝える。
  • 完璧を求めない。

 

よく話し合う。

実際に「男性は家事をしない」という旦那の意識が原因で熱いバトルを繰り広げたことがあります。

出産後のバタバタが落ちついて、社会復帰したときのことでした。家事・育児・仕事をこなすのはとても大変。

 

育児をしている以上、幼い子供の生活リズムを守っていかなければいけないからです。

そして、パートナーである旦那に協力を要請した結果、「お前が正社員になったら考えるわ。」という言葉。

 

パートとはいえ業務内容は正社員と同じ!ふたりの子供なのに、なぜ女性だけがすべてを担い、男性は仕事だけ?

家族で支え合う気がないのなら、結婚している意味がないと思う。など、言いたいことをすべて言いました。

 

言いたいことを全部口にしてスッキリして、ストレスから解放されると少し優しくなれます。居心地の良い家庭を築くためにはしっかり話し合うことが大切ですね。

 

具体的に伝える。

「洗い物」と一口に言っても、食器をさげたり洗ったものを食器棚に片付けたり、いろんな項目が隠れています。

サクサク家事を進めたくても、子供の「抱っこ~」と泣く声に何度も手を止めることだってあります。

 

だから、してほしいことをなるべく丁寧に伝えます。最初は面倒でも、慣れるまでの我慢。せめて子供を見てくれたら、自分の食器くらい片付けてくれたら、ゴミの分別くらい...などと思いますよね。

 

見えない家事や名もなき家事はたくさんあって、しかも毎日エンドレス。いちいち、こんなことで喧嘩なんてしたくありません。こまかく指示を出すことで、旦那の行動と自分の理想とのズレが小さくなります。

 

完璧を求めない。

100点を目指していたら、とても無理です。だから、旦那にも完璧を求めません。また、洗濯物の畳たたみ方が違う、お茶碗の洗い残しなど、こまかいことは気にしません。

 

なぜなら、口うるさく言ってやる気を奪い0点でいられるよりは、70点でも良いから手伝ってほしいと思うからです。ブツブツ小言をいうよりも「ありがとう」という方が、長く続けられます。

 

自分のやり方で統一させるのではなく、この人はこんなやり方なんだと尊重して認めると楽です。

スポンサーリンク


 

家事の分担をリスト化して効率よく!

 

家事分担が決まったのはいいことなのですが、これは初めの第一歩。多くの場合、分担しようにも「何をすればいいのか分からない」と言われるからです。1からすべて指示を出していくのはとても大変。

 

「もう!自分でやる方が早い!」と思うかもしれません。しかし、これは仕方のないことなのです。というのも、男性脳は女性脳より、細かな部分に気が付きにくい構造になっているから。(個人差はあります。)

 

そこで、助けになるのが「家事分担アプリ」!家事をリスト化し、終わればチェックを入れます。視覚化できるので分かりやすく、家族で共有できるところがポイントです。

 

例えば「トイレ掃除」や「玄関の掃除」など、やるべきことのリストを作成します。そして、終わればチェックを入れる。そうすることで、何が終わって何がまだなのか、アプリを共有している全員が把握できるのです。

 

他にも「お買い物メモ」や「コメント機能」などもついているので、伝えたいことを言い忘れる心配がありません。家事アプリはいろいろな種類があるので、家族で使いやすいものを選ぶといいですね。

 

共働きが多いこの時代のニーズに合ったアプリだなと感動です!

 

 

家事を分担するメリット5つ!

 

「家事を分担するなんて面倒だな…」と消極的な男性もいるかもしれません。また逆に「家事は大変だけど旦那に頼むなんて申し訳ない」というような控えめな女性もいると思います。

 

しかし、そんなマイナスに考える必要はありません。家事を分担することによるメリットがあるのです。

 

家族で過ごす時間が増える。

まず大切にしたいのは、この家族の時間。家事は意外と時間がかかるもの...。そのため仕事をしている主婦は毎日フル稼働です。そして、家族での時間をゆっくりとることができず、夫婦もすれ違う生活に陥ります。

 

とはいえ、家事分担をしていれば家事にかかる時間も分担できるので、家族時間が増えるのです。一緒に家にいる時に同時進行してもよし、家にいるほうがその時に少しずつ進めてもよし。

 

家族愛があふれる家はいつも支え助け合っているものです。一緒に洗い物をすると、夫婦でのコミュニケーションが増えるので私は好きです。

 

双方の家事スキルがあがる。

「女性は家事が得意!」というイメージを持っている方、そんなことはありませんよ。女性だからできるのではなく、過去の経験の積み重ねでできるようになるのです。

 

だから、一人暮らしの男性はとても効率よく家事をこなしますよね。家事を分担するようになると少しでも負担を減らせるように、2人ともが動くようになります。そして家事分担をすると気になるのがお互いの目

 

1人でしていると「全部1人でこなしているのだから文句言わないでよ!」と強気に出ることができますが、協力してする以上クオリティを求めるようになります。結果、2人とも家事スキルが向上するのです。

 

家事の苦労が分かり合える。

今まで経験していないことについての苦労というのは、想像できても理解できるものではありません。

その証拠に医学的な見解で見れば家事は重労働なのですが、家事を担ってこなかった人はなかなか信じません。

 

だからこそ、感謝の言葉の前に落ち度の指摘をしてしまい、相手を怒らせるのです。

分担することによって「想像以上に大変なのだ相手の苦労がわかるようになります。

 

相手の苦労がわかれば自然と感謝やねぎらいの言葉が出てくるようになり、家族のきずなも深まります。

スポンサーリンク


 

安心して家を空けることができる

共働きであってもなくても、家を空けることがありませんか?たとえば、土曜日に子供を旦那に預けて美容院に行くとか、子供と出かけて旦那をひとりにしたり。こんな時、あなたは安心して家を空けることができますか?

 

私は出産のため入院し自宅へ帰ったとき、驚愕の光景を目にしました。洗濯ものは山盛り、使った食器は洗ってない、食べたお菓子のごみは散乱している...。

 

朝が早く夜が遅いので大変なのは分かるのですが、ドン引きして言葉がありませんでした。まさに、地獄に落とされたような気分。家事を分担してこなかったことを1番後悔した瞬間です。

 

こういった場合も想定して家事分担は早めにすることをオススメします。

 

子供のお手本になれる。

家事分担は子供がいる家庭にとってはとてもいい影響になります。教育の一環として、家事は子供にも教えられます。生活する力は持っておいたほうがいいですからね。

 

そして3歳ぐらいになった子供はお手伝い意欲がでてきます。子供の質問に「わからない」を連発なんてしたくありませんよね。共働き家庭では子供と過ごす時間も貴重になります。

 

旦那がハンバーグを作ってくれた時、ポンポンと投げるようにして空気を抜いているところを、子供が不思議そうに眺めていました。「なんで?」理由を尋ねられて、照れながら説明していました。

 

子供とのコミュニケーションを図れるだけでなく、「なんでもできる、かっこいいパパ」になることができるのです!

 

*まとめ*

 

いかがでしたか?家事の分担で喧嘩をしなくてもいいように、仲良く過ごしてたいものですね。そのためには頼ることも大切。家事は給料が発生しない仕事です。

 

一生懸命してもお金にならず、文句を言われたらストレスがたまる一方。パートナーを深く愛し、大切にしたいと思うならまず行動が大切です。ぜひ家事分担を申し出てみてくださいね。

 

スポンサーリンク


 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

 

子育て情報ランキング