Pocket

 

ダイエットやアンチエイジング効果が得られ健康に良いと近年話題の「ごぼう茶」。もっとも効果的な飲み方は1日5杯までを目安にすること。

 

テレビや雑誌などで多く取り上げられているので、試してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。とはいえ、飲み過ぎは良くないようです。

 

この記事ではごぼう茶の摂取量や副作用など、気になる情報を紹介します。下記のリンクから公式サイトで詳細情報をご確認いただけます。

 

毎朝のスッキリをサポート【ナチュレライフのごぼう茶】

ごぼう茶を1日にむ量はどのくらい?

ごぼう茶の摂取量は1日1~5杯を目安にすると良いとのこと。ハーブティーなどと同じようにノンカフェインで、妊娠中も安心して飲めます。また、カロリーはほぼ0でダイエット中も気にせず飲めます。

 

お茶なので、ごぼう茶を飲むタイミングは基本的にはいつでもOK。とはいえ、朝起きた後など空腹時の方がごぼうの成分が体に行き渡り、より効果が期待できます。

 

ごぼう茶の飲み方

飲み方は、急須で淹れたり鍋で煮出します。ホットにしても、アイスにしてもおいしく飲めます。ホットの方が体には優しいですよ。

 

ごぼう茶の味が苦手な方は、お酒と割ったり牛乳を入れてミルクティーのようにして飲むのもおすすめ。また、お味噌汁やスープの水として使ったり、茶殻で炊き込みご飯の具材に入れたりしても。

 

そのままお茶として飲むのではなく、アレンジがたくさん出来るのも魅力的です。

 

ごぼう茶の効果

ごぼう茶に多く含まれる水溶性食物繊維の『イヌリン』という成分は、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあり、糖の吸収を抑えるので、食事の時のお茶代わりにごぼう茶を一緒に飲むのがおすすめ。

 

また、『イヌリン』は腸内環境も整えてくれるので便秘改善にも期待ができます。さらに、同じくごぼう茶に含まれる『サポニン』には、コレステロールや脂肪を吸着する働きがあるので美肌効果も。

 

ほかにも、生活習慣病や老化を防ぐアンチエイジング効果や、肩こり、冷え性改善にも期待ができます。

 

ごぼう茶を飲みすぎると副作用があるって本当?

あくまでお茶なので飲みたい時に飲んで問題ありません。ただ、ごぼうには食物繊維がたくさん入っているので、『イヌリン』が働き過ぎて嘔吐や胃痛など、お腹の調子が悪くなったりゆるくなることがあるようです。

 

だから、1日に5杯までが目安なんですね。最初は様子を見ながら1日1~2杯から始めてみてくださいね。

また、冷やしてアイスで飲む場合に、たくさん飲むとお腹まで冷やしてしまうのでご注意を。

 

*まとめ*

今回はごぼう茶について紹介しました。ダイエットや美容に嬉しい効果・効能がたくさんあるごぼう茶。

ティーパックタイプでの販売なら使い勝手も抜群で、手軽にごぼう茶を楽しむことができます。

 

長く飲み続けることで、さらに効果が期待できそうです。おいしく健康に「ごぼう茶」で美肌とスリムな身体を手にれませんか?今話題のごぼう茶健康法、ぜひ試してみてくださいね。

 

下記のリンクから公式サイトで詳細情報をご確認いただけます。