Pocket

スポンサーリンク

 

まだ自分の気持ちをちゃんと話せない、1歳の小さな子供とどうやって接したらいいのか分からない...。

 

1歳児との過ごし方に、お出かけの時間帯や頻度など、まいにち悩むこともあるのではないでしょうか?世間のママはいつも何をしてるのか...。日光浴が大事だと言われたり、紫外線は良くないと言われたり、考えるほど分からなくなることもあります。

 

怪我や病気だけ気をつけて、ありのまま、普通で良いと言われても、具体的にはどんなことでしょうか?

1歳児との日常が気になる方のために、今回は普段の1歳児との過ごし方や児童館、散歩に行く頻度についてお届けします。

 

1歳児との過ごし方!毎日何してるの?

 

まだ歩き始め、または立ち上がる程度の1歳児。言葉もまだまだで、ちゃんとコミュニケーションをとるという点では難しいと思います。

そんな、まだ大人のようにはいかない、同じように接することのできない1歳児と、まいにちどのように過ごしたらいいのでしょうか?

 

ママに合わせて過ごす。

これが最も多いです。ママとしては家の用事もたくさんあるので、いつも子供にあわせることもできません。かと言って放ってもおけないので時間がかかります。だから、掃除をするにも洗濯をするにも、ごっこ遊び的な感じで一緒にやるか寝ている時に頑張るとなります。

 

できれば毎日おでかけしたい、どこかに連れて行ってあげたいと思いながらも、現実はなかなか難しいですよね。ですが、1歳児からすればそれも経験ですし、何よりママと一緒に過ごせることが嬉しいことなので、決して悪いものではありません。

 

私は外に出かけなくても平気なタイプなので、1人目の時はベビーカーを押して買い物に行くことがいちばんのお出かけ。たまにある友達とのランチやお茶会などは、楽しい時間で幸せなひと時でした。

 

簡単な遊びをする。

「遊び」と言うと、どこかに連れて行くとかテーマパークに行くなど、大きなイベントを想像しがちです。しかしながら、1歳児にとっては、家で作る手作りおもちゃも大きな経験であり、大きなイベントばかりが良いこととは言えないのです。

 

具体的には、紙にひたすら何かを書いたりペットボトルでボーリングのピンを作ったり、新聞紙を破いたり、手や足を動かしたり...。

大人から見れば「それって遊びなの?」と思うようなことも1歳児にとっては遊びなのです。

 

ほとんどが初めての経験なので、学びであり遊び。家にあるものでお金をかけずにおもちゃが作れるし、壊れたり飽きたら捨てやすいのでおすすめです。私は、なんの道具もいらない変顔遊びこちょこちょ遊びが大好きでした。

 

イベントを探す。

1歳あたりの子供を中心としたイベントが意外とたくさんあり、そこに行くのも楽しい過ごし方のひとつとなります。とは言っても、大きな遊園地だとか動物園とか大きな施設ではなく、公民館や子育てセンターなど、もっと身近なところです。

 

たとえば、自治体が発行している広報誌とかネットなどを確認すると、より正確な情報が得られます。外に出られるということで1歳児には刺激になるし、同じような月齢のママと知り合えるので、お出かけが好きな子供におすすめです。

 

私が住んでいる場所の保健センターでは、毎月1回「つどい」があって、無料で身長や体重を計ってくれて絵本やおもちゃがある部屋を解放してくれます。赤ちゃんのおむつや授乳の心配もなく、ママたちがゆっくり話せる場なので嬉しかったです。

 

テレビを見る。

これには賛否両論ありますが、場合によっては1日中テレビを見て過ごすのもありだと思います。

世間的にはテレビを見すぎるのは害悪、成長の妨げになるという風潮ですが、要はテレビも使い方次第なのです。

 

毎日のようにテレビ漬けの場合は、上記のように悪影響もあるし成長の妨げになる可能性もあるでしょう。しかしながら、テレビを見る日や時間を決めていたり、NHKなどの教育番組であれば、逆に「テレビによる刺激、経験」が身に付くと思うのです。

 

私はピアノなんて弾けませんが、テレビから流れてくる音楽に体を揺らして楽しそうに笑う姿を見ていると微笑ましくなります。子供に好きな歌ができて、それを歌うと喜ぶので楽しいです。

 

近くの公園に行く。

ずっとイベントに行くと疲れるし、家のことができなくなることがあります。それでも出かけたいという時は、近くの公園に行くという日も作ってみてください。公園に行くといってもママが何かをしなければいけないというわけではありません。

 

公園に生えている草や花、砂や虫という大人には何でもないような環境であっても、子供からすれば新しく楽しい世界なのです。

我が子が好奇心のままに進んでいく姿を優しく見守るだけ。砂などを口に入れたりしないように注意が必要です。

 

1歳児には良い経験となります。ちなみに、私は子供を膝に乗せてブランコに乗ったら乗り物酔いしました。体調が悪い時は気をつけて。

 

先輩ママ

私たちにとっては何でもないようなことでも子供にとっては関心を惹くのよね

スポンサーリンク


 

児童館や散歩の頻度はどのくらいが正しいの?

 

児童館の頻度は?

じつは、児童館や散歩の頻度はというのには決まった数字はありません。

週に3回以上行く方も居れば、月に1回程度、または全く行かないという場合もあり、一言にしてこの回数とは言えないのです。

 

それに関してはお子さんの性格次第なところもあり、その子の性質に合わせた頻度が求められるでしょう。ただ、児童館はいろんな子供やママ、パパが出入りします。子供の年齢もさまざま。場合によっては不愉快な気持ちになることもあるでしょう。

 

さらには、風邪や感染症などが不安と思う方もいるでしょうし、近くに児童館がなかったりして児童館に行けないこともあります。

住んでいる地域の環境や児童館などの場所に合わせてどこがいいのか考えてみてくださいね。

 

私は2人目以降の妊娠中、午前中はほぼまいにち通っていました。理由は3つ。家が散らからなくて済む、生活リズムが整うという理由と、子供のペースについて行けなくても安心だからです。

 

建物の中なので行動範囲は限られるし、児童館の先生がいるので、つわりで辛い時も安心して遊ばせることができました。

 

散歩の頻度は?

散歩についても同じように決まった回数などはないのですが、基本的に「子供が自宅に居るのに飽きたら」がいいです。

 

まいにち決まった時間に散歩をしなければいけないと考えると大変ですが、子供がぐずったり落ち着かなくなったりしたときに、気分転換として散歩に出ると楽しく散歩ができます。ついでにお買い物に行けば一石二鳥。

 

買い物以外での私の散歩は「すぐに帰れる範囲」です。たとえば、家の周りの一区画をぐるぐる回ったり、線路が見えるところまで行って電車にバイバイをしたり、絶対に遠出はしません。抱っこ抱っこと言われたり、おむつ交換となった場合に遠いと大変だからです。

 

子供のニーズを満たしつつ、自分の負担も減らす。自分が疲れるとイライラしやすくなるので、これは大切なポイントです。

 

先輩ママ

ひとりで過ごすことも多いから、自分の機嫌を取ることも忘れないでね!

スポンサーリンク


 

まとめ*

 

いかがでしたか?今回は1歳児の過ごし方、児童館や散歩の頻度についてお届けしました。ママの性格によっては出かけることが負担になる場合もあります。反対に、家にいることが負担になる場合もあります。ゆったりと過ごす時期だと考えましょう。

 

子供にとってもママにとっても、楽しいまいにちが過ごせたら嬉しいです。

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


子育て情報ランキング

スポンサーリンク