Pocket

スポンサーリンク

 

チャイルドシートが絶対に必要なのは知っているけど、友達の車だから大丈夫だよね?

ちょっとそこまでだから、乗り合わせて行くほうがいいから、友達はチャイルドシートを持っていないから...。

 

いろんな理由をつけて、つい「仕方がない」と済ませていませんか?法律で着用を義務付けられましたが、実際はどうなのでしょうか。具体的な解釈を知らないと、乗せてくれた友達が違反で捕まるなど、困ることになりかねません。

 

今回は、チャイルドシートの法的解釈抱っこ紐をしていればいいのか、また授乳の時はどうすればいいのか、という点についてお届けします。

 

チャイルドシートの義務はどこまで?

 

結論からいうと、すべての車に義務付けられていると言えるでしょう。友達の車に乗る時は、「自分の車じゃないのだからしなくていい」と考えたくなります。しかしながら、これはダメ。法律はどのようになっているのでしょうか。

 

チャイルドシートの法的解釈とは?

チャイルドシートの法的根拠というのは、道路交通法第71条3の3に記載されている一文に基づくもの。

 

自動車の運転者は、幼児用補助装置を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当ではない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

 

そして、この場合の幼児用補助装置とは、チャイルドシートのことです。つまり、「チャイルドシートがなければ幼児を乗せて運転したらダメだけど、病気とかケガで乗せられないときは仕方がない。」ということ。

 

だから、チャイルドシートに健康な幼児を乗せずに自動車を運転すると、道路交通法違反となってしまうのです。
なお、この場合の幼児とは「6歳未満」であり、6歳からはチャイルドシートに乗せなくてもOK。

 

先輩ママ

チャイルドシートは、何かあった時の命綱だと考えたら、ぜったいに必要ね。

スポンサーリンク


友人の車に乗せるときは必要?不要?

 

よく、「自分の車だとチャイルドシートが必要だけど、友人の車ならいらないだろう」という意見があります。
先ほどの法律をもとに考えると、この考え方は間違いですね。

 

しかも最初に「自動車の運転者」とあります。ここでは、自動車や運転者に対して「夫」だとか「友人」、「自分の車」「友人の車」という区別はありません。

 

「自動車の運転者」なのですから、全ての自動車が当てはまりますし、全ての運転者が当てはまることになります。
つまり、6歳未満の幼児を乗せる場合は「全ての自動車運転者を問わず」チャイルドシート着用の義務があるということ。

 

違反すると気まずいことも。

以前、私は子供を連れて弟の車に乗ったことがあります。その頃、私はまだ運転免許がなく、家用の車はありません。

弟は独身で普段は遠くに住んでいるので、チャイルドシートも用意していませんでした。

 

仕方ない、少しの距離だし大丈夫だろう。」と思ってしまいました。わざわざ遠くから子供に会いに来てくれたので「ご飯を食べに行こう」と車に乗せてもらったのですが、パトロール中の警察に止められてしまったのです。

 

「せっかく来てくれたからおいしいランチを♪」なんて思わずに、自分で作るか、近所のスーパーで買えば良かったと後悔することに。免許の点数も罰金も、申し訳ないなぁと気まずくなって、ご飯がおいしく食べられませんでした。

 

先輩ママ

もしも、弟ではなくインフルエンサーだったら、一大事だったかもしれないわ...。

スポンサーリンク


抱っこ紐の場合もダメなの?

 

抱っこ紐の場合、「チャイルドシートがないから抱っこ紐で代用しよう。」とか、「抱っこ紐を使わなければ泣いてしまう」など、なにか理由があると考えられます。

 

つまり、「幼児をチャイルドシートに乗せない明確な理由がある」と考えて、それなら大丈夫だろうという解釈です。

しかし、法律で「チャイルドシートがなければ幼児を乗せての運転はダメ」とある事から「間違い」だと言えるでしょう。

 

例外とされるのは、病気や怪我で乗せられない場合であって、「泣くから」「ぐずるから」などは理由になりません。
あくまでも、病気やケガによって「療養上適当ではない」場合のみということ。

 

とはいえ、チャイルドシートの着用が免除される状況があるのは事実。次にご紹介します。

 

チャイルドシートが免除される6つの状況とは?

 

6歳未満の幼児は基本的にチャイルドシートの着用が義務付けられていますが、状況によっては免除されることがあります。

ぜひ、ひとつずつ確認してみてくださいね。

 

1.授乳。

これまでの内容からすると、授乳はできないと考えられるでしょう。そもそも、チャイルドシートに座っているので授乳なんてできないと困ってしまいますね。しかしながら、授乳時だけはチャイルドシートの使用が免除されています。

 

2.緊急時。

これは病気やケガと似ているところがあります。なにも緊急というのは、病気や怪我だけに限った事ではありません。

一時的に見知らぬ子供を保護したとか、災害から急いで避難する場合などは免除されます。

 

3.サイズが合わない。

子供の肥満などにより、どのチャイルドシートもサイズが合わない場合は、物理的に着用できないので免除となります。

ただし、その体型に見合ったサイズがある場合は免除されないので、その時はちゃんと着用しなければなりません。

 

スポンサーリンク


 

4.公共交通機関などの利用。

「バスやタクシーに乗る時は?」と疑問に思ったことはありませんか?自動車なのだから、チャイルドシートが必要と思われるかもしれません。ですが、毎回その為にチャイルドシートを準備していたら、親の負担は大変ですね。

 

そんな事情が関係しているかどうかは分かりませんが、公共交通機関の利用については免除されています。

 

5.構造上取り付けられない。

特殊な座席の場合、チャイルドシートが設置できないというケースがあります。そんな時は、チャイルドシートそのものが付けられず、着用しようがないので免除という形になります。

 

6.乗車人数のかね合い。

チャイルドシートというのは場所を取ってしまいますね。本来なら7人乗りの車両だとして、チャイルドシートを設置することで7人も乗れない状況になる可能性もあるのではないでしょうか?

 

その事から、実際に7人が乗る時に、チャイルドシートがあることで乗れなくなる場合は免除となります。

 

先輩ママ

7人家族でも4人で乗る時はチャイルドシートが必要ということね。

スポンサーリンク


*まとめ*

 

いかがでしたか?今回は自分以外の車に乗る時のチャイルドシートの義務についてお届けしました。

「幼児はチャイルドシートに乗せる」というルールを、なんとなくで理解していることが少なくありません。

 

私のような失敗をしないためにも、きちんとした知識を身に付けておきましょう。安全で快適なドライブができることを願っています。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


子育て情報ランキング

スポンサーリンク