Pocket

スポンサーリンク

 

ちょっと早くして!お願い~!

急ぎたいのに、サッと動けなくてイライラしてしまうことありませんか?

 

自分は急ぎたいのに子どもには子どもの気持ちがあって、ぐずったり、のんびりしたり、なかなか進まなくて困りますよね。イライラして怒って自己嫌悪になることもあるものです。

 

少しでもスムーズに次の行動に移れたら、イライラしなくても良いのではないでしょうか。

イライラが減れば、お母さんにとっても子どもにとっても、心地よい時間になるはずです。

 

今回は、このような時の声かけとして役立つ言葉をご紹介します。

 

子どもを満たす魔法の合言葉は「さしすせそ」

 

じつは、私も腹がたつ時、急いでいる時、「さしすせそ」に助けられています。
まさに、急がば回れ。泣いて暴れて固まって、なだめて落ち着くのを待つより、ずっと早いのです。

 

  • さすが!
  • しらなかった!
  • すごい!
  • せっかくだもんね!
  • そうなんだ!

 

だいたい、どんな時でも応用できる魔法の言葉。怒りたい時にも、最初に「さしすせそ」を使うことで、子どもにとっては聞き入れやすくなります。

 

たとえば、早く寝て欲しい時。
さすが!大きくなると遅くまで起きてられるんだね。でも早く寝ると賢くなれるんだよ~!」

 

早く寝て欲しいと伝えるだけではなく、賢くなれる、と理由を伝えることがポイントです。
理由を伝えることで、ちゃんと考えて、自分なりに理解しようとしてくれます。

 

早く寝なさい!と怒ってしまうと、思っていることが言えなくなる場合もあります。言えなくて、もじもじする態度を見て、余計に腹が立つこともあるかもしれませんね。

 

言いたくても怒られるから言わない、どうせ言っても意味がない、と感じるようになってしまったら、信頼関係を修復するのに時間がかかることもあります。

 

怒られるのが怖くて大事なことが言えない、ちゃんと聞いて欲しくて噓をつくなど、行動にあらわれるのです。

そうではなく、諭すことで自分の気持ちが話せるようになり、できない理由を教えてくれます。

 

先ほどの「さすが!でも、はやく寝ると賢くなれるんだよ~。」であれば、このような理由ですね。

 

「早く寝たいけど、喉がかわいたよ。」
「トイレに行ってから寝るよ!」

 

ちゃんと自分で考えて、早く寝るために「なぜ寝れないか?」を考えています。

この時のコツとしては、行動する前に「お茶飲んだら寝ようね」などと約束すると守れることが多いです。

 

そしてまた、お茶を飲んで布団に入ったら、「さすが!約束守れたね。すごい!」と声をかける。

このようにすることで、約束を守れたら褒められるということが分かってきます。

 

そもそも自分とは別の人格なので、言うことを聞かなくて当たり前。
「さしすせそ」を味方に、機嫌良く動いてくれるように考えてみましょう。

 

先輩ママ

さしすせそ、いいかもしれない!

 

スポンサーリンク


 

我が家にも4歳がいます。

 

朝の幼稚園ギリギリで焦ってる時も、4歳の3男君はマイペース

テレビの前から離れなかったり、トイレにこもって歌っていたり。

 

先回りしてお手伝いすれば、反対に機嫌をそこねて、充電が切れたスマホみたいに動きません。

ややこしや~。ややこしや。毎日毎日、テレビとトイレに負けず、機嫌をとる。

 

ようやくたどり着いたと思ったら、「3男くん、もう少し早く来て下さい。いつも遅いですよ~!」と迎えられることがあったりして申し訳なくなります。

 

だからといって幼稚園の先生のトゲのある言葉にも、いちいち負けていられません。なんといっても、事実ですから仕方ありません。それに、言葉に負けてしまうと、そのイライラが向かうのは子どもになりそうです。

 

そこから、バタバタと会社に向かいます。
私だって、3人めくらいまでは8時に寝かしつけてたんだよ~!と、過去が懐かしくなりますが過去は過去。

 

なかなか早く寝かしつけができず、悩んだこともありました。金曜日の解放感に支えられてます。

 

先輩ママ

きっと、謝って済むうちは気にしなくても大丈夫ね。

 

スポンサーリンク


 

なんだかんだ可愛いもの♡

 

腹もたつけれど、「ママ見て~!」って話しかけてくれる笑顔や、あどけない寝顔はどんなものにも勝る宝物。ただし、あっという間に過ぎ去り忘れゆくものでもあります。

 

たった365日、8,760時間が経過したら、イヤでも4歳は5歳になってしまうのです。

え?待ち遠しいですか?

 

じつは、今イライラ・バタバタできることも幸せなこと

次男がまだ3歳を過ぎたばかりの頃、足に原因不明の水が溜まるので数ヶ月入院したことがありました。

 

その時は、まいにち病院での付き添いと家事をしに家に帰る時間とで、バタバタしながらも暇な時間が少しあったのです。ホッと一息ついてお茶を飲む時間はあるものの...。

 

みんな元気なほうが良いなぁ...。このように思っていました。

たまには、イライラできることも幸せなんだと噛み締めながら 深呼吸しましょう。

 

あなたの4歳君も、あなたのことが大好き!

ぎゅって抱きしめてニッコリしたら、なんでもお手伝いしてくれちゃうくらいにママが大好きなのです。

 

  • さすが!
  • しらなかった!
  • すごい!
  • せっかくだもんね!
  • そうなんだ!

 

子ども達のかくれんぼしてる良い面を見つけて、楽しく子育てしたいものですね。

 

先輩ママ

ほんとうに。なるべくなら、笑顔でいたいわ。

 

スポンサーリンク


 

*まとめ*

 

いかがでしたか?今回は、なかなか言うことを聞いてくれない4歳の男の子への魔法の言葉をお届けしました。

4歳男の子と言わずに、女の子でも旦那様でも効果は大きいと言えます。

 

なぜなら、みんな認められたいし、褒められたいのです。

子どもって、お母さんが大好きなんですよね。話を聞いて欲しいし、褒めて欲しい。

 

この気持ちを満たしてあげると、スムーズに動けることが多いということに気がつきました。

大きくなってしまうと、なかなかギュッと抱きつけないので今のうちにしっかり「ギュッ」ですよ!

 

がんばるお母さんが日々笑顔で過ごせますように

 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


子育て情報ランキング

スポンサーリンク