Pocket

 

子供の成長を祝う代表的な行事のひとつ七五三。お祝いの仕方は様々ですが気になるのがお祝いのお返しです。

 

七五三に限らず、内祝いの場合、お祝いをもらってから1~2週間くらいの間にお返しをします。でも、実を言うと本来、七五三は身内で成長を祝う行事なのでお返しは不要なのです。

 

とはいえ、お祝いをもらったらお返しが必要なのではと考えてしまいますね。この記事では、七五三の内祝いのマナーについて詳しく解説します。

スポンサーリンク


 

のしの書き方と贈り方のマナーを解説!

 

七五三に内祝いはいらないって本当?

はじめに、内祝いとは身内のおめでたいことや喜びを親しい人と分かち合う「内輪のお祝い」のことです。お返しの意味合いが大きいですが、単なるお返しではないことは知っておくといいですね。

 

そして冒頭にも書きましたが、七五三は身内で子供の成長を喜ぶ行事なのでお返しは不要。身内と言えば親や兄弟姉妹からが多いので、形式ばらなくても良いということでしょうか。

 

とは言っても、今の時代の流れではお返しをするのが一般的になりつつあるようです。

 

また、お祝いをくれた方を招待して食事をするなどのおもてなしをした場合には、それがお返しの代わりになるので、この場合も内祝いの品は不要です。

 

七五三内祝いののしの書き方とは?

内祝いを贈る際の水引は「紅白の蝶結び」を使います。おめでたいことだから「紅白」、何度あっても良いことなので結びきりではなく「蝶結び」を選択。

 

のしの上部に「内祝」「七五三内祝い」「御礼」のいずれかを記入し、のしの下部には子供の名前を記入します。書くのは名前だけで苗字は不要なので気をつけましょう。

 

七五三の内祝いの贈り方のマナー!期限はいつまで?

内祝いはいただいてから1週間から2週間の間に渡すのがナマー。お祝いをいただいた方との関係や、地域の習慣などで若干異なるかもしれませんが、遅くても1カ月以内には贈りましょう。

 

取り急ぎ、受け取った当日中に電話やメールだけでもして感謝を伝えるのがベスト。もしくは、手紙を出しても。

 

ただし、神社へお参りに行く前にいただいた場合は無事に参拝が終わった後で大丈夫です。当日の写真と近況をひと言添えると、より一層喜ばれます。報告も兼ねてなるべく早めに渡すといいですね。

 

内祝いの金額の相場は?

 

内祝いの金額の相場は?

いちばん気になるのが内祝いの相場。基本的にはもらった金額の半分から3分の1くらいのものを

贈ります。ネットで調べるとすぐに定価を知ることができるので、簡単に目安がつきます。

 

ただし、金額があまりにも高額だった場合は必ずしも半返しをする必要はありません。

 

祖父母からであれば、孫のために使ってほしいという思いを込めてお祝いをくれているはずです。

お返しが多すぎると、「気を遣わせたかな?」と後悔させてしまうことも。

 

お返しが多すぎても、少なすぎても失礼にあたるので気をつけたいところです。

 

内祝いの選び方は?

次に、内祝いの品選びですが、以前は縁起物が主流でしたが現在では相手の好みにあわせて贈るという方が増えていて、お菓子やタオルが人気のようです。

 

好きなものを選んでもらえるギフトカタログも人気のひとつ。内祝いを贈る時には七五三の写真と、子供が書いたお手紙を一緒に送ると喜ばれます。

 

また、食事会などに招待した場合は、内祝いが不要でも気持ちとして、ちょっとした手土産を用意すると喜ばれるでしょう。

 

*まとめ*

 

お祝いをいただいたら、お返しする、しないに関わらずまずはすぐにお礼の手紙を出すか、電話やメールをしましょう。感謝の一報だけはなるべく早めがベストです。

 

七五三は子供が主役のお祝いです。電話が可能であれば、子供が電話口に出て話ができると相手も嬉しいでしょう。また、品物だけを贈るのではなく、手紙や写真などを添えることによって印象が大きく変わります。

 

何と言ってもお祝いをいただいた時は、お返しの品物が”何か”よりも、相手にお礼の気持ちを伝えることの方がずっと大切です。

 

スポンサーリンク


 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

 

子育て情報ランキング