Pocket

 

子供のお正月の一番の楽しみはお年玉。あなたも子供の頃は毎年お年玉を楽しみにしていたのでは?私はすごく楽しみでした!今ではお年玉をあげる立場ですね。

 

お年玉をあげるとき、何と言ってもいちばん気になるのは金額ではないでしょうか。正直なところ、身内の中でも渡す金額によっては、気まずい気分になることもあります。

 

相場を押さえておくと、失敗することは避けられるのではと思い調べました。この記事では、お年玉の相場について調べたことを紹介します。

 

スポンサーリンク


 

お年玉の相場は?赤ちゃんから中学生までの平均額公開!!

生まれたばかりの赤ちゃんや、お金の価値をまだ理解していない小さな子供にもお年玉をあげるかどうかも悩みどころ。実際に、2~3歳くらいまでの子供にはお年玉は必要ないと考える人も多くいます。

 

お年玉の平均額は次のようになっていて、あくまでも一般的な数字ですが、この辺りが相場のようです。

 

お年玉の平均金額

  • 赤ちゃんでは500円~1,000円。
  • 小学生では1,000円~5,000円。
  • 中学生は5,000円。
  • 高校生は5,000円~10,000円。

 

赤ちゃんにあげるお年玉は親に預けることがほとんど。また、2~3歳頃の小さい子供にとっては、お金よりかわいいお菓子やおもちゃのほうが嬉しいでしょう。

 

お年玉の代わりにちょっとしたプレゼントを用意すると喜ばれますよ!お菓子を選ぶならアレルギーなどの確認だけは要チェックを。

 

さて、一番難しいのが小学生。小学生でも低学年と高学年では普段のお小遣いの金額や使い道も違うので、当然ながらお年玉の相場金額も違います。

 

平均的な小学生のお年玉の相場は次の通りです。

 

  • 低学年で1000円~3000円。
  • 高学年で3000円~5000円。
  • 中学生は学年に関わらず5000円。

 

ただし、兄弟がいる場合は金額の違いでケンカになることもあります。下の子は自分も上の子の歳になれば同じ金額がもらえると思って期待していることも少なくありません。

 

だから、お年玉の金額はまいとし同じ基準で用意する方がベストです。

 

お年玉の相場は親戚によっても違う?!関係別の相場とは

 

お年玉の相場は、あげる子供との関係性によっても違ってきます。自分の子供にあげる場合と甥、姪にあげる金額はだいたい同じ金額です。

 

親戚の場合、金額でお互い悩まなくていいように、話し合って年齢や学年で決めているという人もいます。これがいちばん簡単な決め方です。

 

普段から交流があって親同士で話し合う機会があるなら、事前に親同士で相談しておくといいですね。金額を決めてしまうのも一つの手。

 

お年玉の金額に幅が出るのは祖父母から孫にあげる場合です。孫にあげる金額は平均的な相場より高めですが、祖父母の場合、経済状況や孫の人数によって金額が変わります。

 

孫に高額のお年玉をあげる方もめずらしくありません。自分の子供や甥、姪にはもうお年玉は必要ありませんし、お正月に孫に会ってお年玉をあげるのを楽しみにしているのでは!?

 

スポンサーリンク


 

知人の子にお年玉!相場を知りたい

核家族が増え、隣近所の交流が減っている今ではあまり馴染みがないかもしれませんが、子供の友達や知人の子供、近所の子供にあげることがあるかもしれません。

 

このような場合は、一般的に平均的な金額より少なめで相場は下記のようになります。

 

  • 小学生は1000円程度。
  • 中学生は1000円~3000円程度。

 

*まとめ*

 

 

いつの間にかお年玉は、「もらう」のではなく「あげる」立場になってしまいました。しかも、おめでたいことですが、毎年あげる人数と金額がアップしていきます。大人のお財布には優しくないですね。

 

お年玉は子供にとってはうれしいものですが、あげる側はけっこう痛い出費なのは事実。とはいえ、自分がお年玉をもらっていたときの喜びを思い出して用意しましょう。

 

子供たちが大人になったら、きっと今の自分と同じようにステキな思い出になっているはずです。

あげる人数と金額の計画を早めにたててお正月に備えるべし!

 

スポンサーリンク


 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

 

子育て情報ランキング