Pocket

 

せっかく歯を磨こうと思っても、口は開かないし歯ブラシを噛んで遊ぶし...。イライラするわ。

 

歯が生えそろってくると、気になるのは虫歯のこと。食べれるものが増えて嬉しい反面、虫歯の心配が出てきます。

自分自身が虫歯で苦労された経験があるなら尚更、子供の歯のケアには力を入れたいですよね。

 

成長と共に自我の芽生えから嫌がる子は多く、まいにちとなると億劫になってしまう事も。とはいえ、ちょっとした工夫で歯磨きを嫌がらずに進めることができます。イライラしない為にも、今回は子供の歯磨きの仕方についてお届けします。

 

子供が歯磨きを嫌がる時もイライラを感じたくない!

 

結論から言うと、『歯磨き=嫌な行為』のというイメージではなく、『歯磨き=好きな行為』というイメージを持たせることがポイント。

 

スポンサーリンク


 

歯ブラシを変えてみる。

まずは歯ブラシ自体に慣れる事が大切。だから、歯ブラシを見直してみましょう。柔らかい方が好き、硬い方が好きなど、大人にも好みがあるように子供にも好みがあるものです。

 

シリコン製のものであれば、おしゃぶり感覚で噛み噛みと遊びながら練習をする赤ちゃんもいます。また、好きなキャラクターの絵が描かれたものも効果的。実際に私の子供でも効果的でした。

 

キャラクターの絵が描かれているだけで、子供のやる気や興味がまったく変わります。単純な事ですが、これがとっても重要。大好きなキャラクターが一緒だと、嫌な事も頑張れるのかもしれませんね。

 

頑張ったご褒美をあげる。

嫌いな事を頑張った後に、なにか達成感を感じられるものがあれば、その目標に向かいやすくなります。大人だって、ご褒美があるとテンションがあがりますね。

 

「頑張ったらシールを貼ろうね」と、視える化するのも効果的です。さらに、「シールがいっぱいになったらお菓子を買おうね」と約束すると楽しみながら続けられます。

 

大げさに褒める。

これはいちばん大切な事。子供は親の喜ぶ顔が大好きです。「自分が頑張った事でママが喜んでくれる、また頑張ろう。」

という嬉しい気持ちが毎日の継続につながります。

 

自分が疲れている時は大変かもしれませんが、少しぐっとこらえて「褒めて伸ばす」事に注力してみてください。すると、今後ほかのことも楽になります。

 

真似っこをさせる。

うっとうしく感じることさえある子供の真似っこ。この習性をうまく取り入れます。大人や歳の近い子供の真似っこをして様々な事を勉強している子供達です。だから、ママも一緒に歯磨きをすれば真似をしたがる子供も多くいます。

 

同じ時間に同じ事を共有することで”ママとの楽しい時間”と思ってもらえることは大切です。なかなか口を開いてくれない日には、お互い磨きあいっこしてみたり、鏡を見ながら一緒に大きなお口を開けて楽しんでみたり。

 

我が子は、NHKの教育番組で流れる「上の歯~、下の歯~」と歌いながらシャカシャカ磨くと機嫌が良いです。

きっと、真似っこをする材料を提供する事で、スムーズに歯磨きをするパターンが見えてきます。

 

タブレットを使う。

最近ではフッ素入りのタブレットもとても人気が高いです。アップルやグレープなど子供が好きな甘い味付きなので、子供にとってはおやつ感覚で食べる事ができます。ただし、タブレットは虫歯予防の手段の一つである為、歯磨きの補足

 

手軽だからと、こればかりに頼る事は絶対にしないよう注意してくださいね。

 

先輩ママ

歯磨きを楽しい遊びだと思わせたら成功ネ!

スポンサーリンク


 

なぜ子供は歯磨きを嫌がるの?

 

子供に言われたことがある「歯磨きを嫌がる理由」をご紹介します。

 

  • 異物感があって気持ち悪い。
  • 痛い。
  • 唾がでる。

 

歯ブラシが口の中を占領するので、気持ちが悪いと言ったことがあります。また、歯が生えてない場所まで磨いていたり磨く力が強かったりして、痛いと言うことがありました。

 

しっかり磨かなくちゃとの思いから、つい力が入り過ぎていたようです。あと、唾がでる。これは、すぐ口の中に唾がたまって飲み込めないし吐き出せないし困るとのことでした。

 

話ができるようになると、嫌がる理由を聞いてみるといいですね。理由が分かると、対処法が思いつくかもしれません。

先輩ママ

ブドウ味の歯磨き粉が好きで「歯を磨く!」と言ったこともあったわ。

 

歯ブラシを変えると気分も変わって磨けるように!

 

我が家の場合は、アンパンマンやしまじろうなど、歯ブラシのキャラクターを変えることで気分が変わって、楽しく歯を磨けるようになります。今は吸盤付きがお気に入りの様子。

 

また、つばが出てくるのが嫌だと気にしていましたが、お風呂のついでに歯を磨くことでいつでもペッと口の中をスッキリさせることができるようになり、磨くことに集中できるようになりました。

 

吸盤付きの歯ブラシは近所になかなかないので、ストックしておくと便利です。

*まとめ*

 

いかがでしたか。子供が1人でしっかりと歯磨きができるようになるのは小学生低学年頃が平均的です。個人差もあるので、まだまだ親の仕上げ磨きは継続していきたいですよね。

 

しかし、嫌がる子供への対応をまいにち何年も続けていくのは至難の業。なるべく逃げて走り回ってしまう子を押さえつけて無理やり歯磨きをさせるのは避けたいところです。

 

『歯磨き=楽しい』のイメージを初期の段階からつくって、1日の大切なスキンシップの時間にしていきましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村

 

子育て情報ランキング