Pocket

スポンサーリンク

 

もう少し身長を伸ばしたいなぁ。。。もっと伸びてくれたら嬉しいのに!でも、遺伝だからしょうがないのかな。。。

男の子なら背が高い方がモテそうだとか、女の子ならスラっとモデルさんみたいになって欲しいとか考えてしまいます。

 

割り切っていても、子供に期待したりあきらめたり、親心として気になるところですね。

結論から言うと、「遺伝だから」という理由だけであきらめる必要はありません。

 

つまり、背がどのくらい伸びるのかが決まるのは、遺伝だけではないということ。

そこで今回は、遺伝子の要因以外にも「背を伸ばしたい!」を叶える方法をお届けします。

 

身長伸ばすために中学生にできること5選!

 

中学生ともなれば、親の手を離れていることの方が多く、ひとつひとつの行動を把握するのは難しいかもしれません。

ですが、家の中でできること、母親が応援できることでしっかりとサポートすることができます。

 

 身長伸ばすには睡眠が大事。

人の成長に睡眠が大事だと言うことは、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。人にとって睡眠は必要不可欠なものですね。

体をやすめて体力を回復するためでもありますが、なぜ睡眠が身長を伸ばすために大事なのでしょうか。

 

それは、成長ホルモンが多く分泌されるから。背を伸ばすためには、成長ホルモンが必須となります。

そして、成長ホルモンが1番多く出るタイミングとして知られているのが寝ている時だと言われているのです。

 

「じゃあ、いっぱい寝れば伸びるの?」と言われれば、そうではありません。成長ホルモンにも出やすい時と出にくい時があります。

実をいうと、寝る時間と寝る前の行動によって変わるのです。成長ホルモンは、体内の血糖値が高い時には分泌されません。

 

だから、少なくとも寝る2~3時間前にはご飯を済ませておいた方がよいでしょう。

それから、強い光も睡眠の深さや長さに影響を及ぼすので寝る時は部屋を暗くしたり、布団に入ったらスマホを触らないようにします。

 

また、22~2時は成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイムと呼ばれています。中学生ともなれば、塾などで寝る時間が遅くなることも少なくありませんが、ゲームをしているくらいなら朝型に切り替えて寝るように促さないともったいないですね。

 

せっかくの成長ホルモンです。それは天然のサプリのようなもの。うまく利用しない手はないでしょう。

 

身長伸ばすには食事が大事。

高い身長を目指すには、睡眠につづき食事の管理も大切な要素となります。健康を維持するためにも食事は大切ですが、身長にも大切。

「背を伸ばしたいから牛乳をいっぱい飲もう!」とか、「牛乳はあまり好きじゃないけど、背が伸びないのは嫌 だから飲まなきゃ!」

 

このように考えて、頑張ってるお子さんもいるかもしれませんが、実はそれだけでは足りません。カルシウムは骨の密度を上げる栄養素なので、丈夫な骨を作るためには必要ですが、いっぱい摂ったからと言って背が伸びるわけではないのです。

 

どうすれば効率的なのかといえば、吸収を良くするビタミンDとビタミンKと一緒に摂るのが良いのです。そして、タンパク質。
カルシウムと同じくらい大切なタンパク質もしっかり摂りましょう。結局は、バランスの良い食事が大切だということ。

 

ただひとつ、気をつけたいのは揚げ物やスナック菓子。

育ち盛りの中学生にとって、揚げ物やスナック菓子は魅力的なものでしょう。ふたつとも我が子達は大好きです。

 

美味しくていっぱい食べたいと感じるのは山々だけれど、メリットばかりではありません。

 

揚げ物は時間が経つと酸化して細胞を壊すことになるし、スナック菓子に入っている白砂糖はビタミンやミネラルなどの成長に必要な栄養素を体の中で消費してしまうことになるのです。

 

食べ過ぎないように声かけをしたり、回数を減らしたり、子供のストレスになり過ぎないように工夫しましょう。

おすすめの食品。

 

  • カルシウム·····小松菜などの青菜類、牛乳、チーズなどの乳製品、ごま、しらすやにぼしなどの魚介類
  • タンパク質·····赤身の肉や魚、大豆製品
  • ビタミンD·····鮭、うなぎなどの魚介類、きのこ類
  • ビタミンK·····鶏、牛、豚などの肉類、海藻、キャベツ、ほうれん草etc

 

身長伸ばすには運動が大事

運動といえば、筋肉をつけるとか体力をつけるという風に考えがちですが、おこなう運動によっては身長が伸びることがあります。

その運動とは、体のたて方向に負荷をかけるという運動。

 

難しそうに聞こえるかもしれません。しかしながら、普通に走ったり歩いたりジャンプしたりするだけ。自然の重力を味方にするのです。

他にも、授業中など座ってる時は猫背にならないように背筋を伸ばすだけでも効果あり◎

 

猫背は自分で自分の背を縮めているようなもので、楽そうな姿勢に見えても身体にかけている負荷は大きいのです。

とはいえ、何事もやりすぎは禁物。

 

ハードトレーニングを行うと、背を伸ばすために使われるはずのタンパク質が、筋肉の修復の方に使われるので逆効果になります。

 

身長伸ばすには家庭環境が大事。

なんといっても、家庭環境と私たち親からの愛情が一番。たとえば 睡眠、食事、運動の3つが出来ていても夫婦仲がギクシャクし、言い争うことやケンカなどが多ければ、子供は身を守るため本能的に早く大人になろうとします。

 

そうなれば思春期が早く来るので、身長が低いうちに骨が固まってしまうため背が伸びなくなるのです。

また愛情の不足を子供たちが感じていて不安な気持ちになり、精神が不安定になると成長ホルモンの分泌が減るとも言われています。

 

情緒が不安定だとご飯を食べる量が減ったり、睡眠の質が悪くなったりと、背が伸びなくなる原因につながってしまうのです。

そうならない為にも子供がリラックスして、のびのびと過ごせる環境が必要だということ。

 

身長伸ばすには愛情が大事。

反抗期を迎えてややこしくなる子供に、声をかけたり栄養を考えて食事を作ったりすることは、簡単ではないこともあります。

好き嫌いを言って食べないこともあれば、子供に腹が立っていることもあるかもしれません。

 

でも、やっぱり親は親。変わりはいないのです。愛情をもって接することにしましょう。

いつか大人になって巣立っていくまで、親の深い愛情をもって子供たちの成長をサポートしたいものですね。

 

先輩ママ

愛情表現も子供の成長に関わってくるなんて、知らなかったなー。大切なのね。

 

身長伸ばすサプリ人気

サプリにはいろんな栄養素が凝縮されているので、食品で摂るより効率よくたくさんの栄養素をとることができます。

栄養素が足りなくて、身長が伸びないという場合には有効なことが少なくありません。

 

とはいえ、小児科学会では、サプリに身長を伸ばす医学的な根拠はないという意見を出しています。私自身としては、補助的に取り入れるのがベストだと考えているのでご紹介します。

 

セノビックは牛乳に混ぜるだけで簡単においしく必要な栄養素を補えます。我が子はミルメークという牛乳に混ぜるコーヒー飲料のような感覚で飲んでいて、気に入っているので嫌がりません。

 

 

いかがでしたか?今回は「背を伸ばしたい!」を叶えるために身長伸ばす方法を中学生向けにお届けしました。

子供の背を伸ばすことで大切なことは睡眠や食事、運動や家庭環境と愛情ということが分かりましたね。

 

高い所にあるあの扉に今は届かないけれど、いつか「あれちょっと取ってー」と言えば取れるくらい伸びてくれていれば嬉しいですよね。

うちの子、身長伸びてるわ!と実感出来る日が来ることを願っています。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます!

今後の励みになりますので、ぜひ、ポチっと応援してくださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


子育て情報ランキング

スポンサーリンク