Pocket

 

最近シミが目立つようになってきた...。

晴れの日は、ちゃんと日焼け止め対策もしてるのに、シミが増えているといった悩みはありませんか?

 

晴れの日はしっかりと気をつけていても、曇りの日は気を緩めがち。太陽に雲がかかり人間の肌に届く紫外線の量は少ないと思ってしまうからです。

 

でも。じつは、雲を通り抜けてしまうため、曇りの日でも地上に届く紫外線の量は多いのです。そのため、曇りの日でも肌のケアを怠らないことがシミ予防に繋がるのです。

 

紫外線が一番強い時間帯はいつ?日焼け予防のコツ!

 

紫外線は、午前10時~正午が一番強い時間帯だと言えます。また、午前10時~午後2時には量が多くなり、1日の紫外線量の約半分が地上に降り注いでいると言われている時間帯です。

 

早朝4時半~5時半であれば紫外線を浴びることは少なくて済みます。しかし、6時台になるとだんだん紫外線の量が増えていくのです。このように、天気で紫外線の量が変わるわけではないのです。

 

出勤したり買い物に出かけたりする時は対策をとる必要があります。また、洗濯を干すだけだからと安心したり、ガラスをすり抜けるので室内にいるからと安心もできません。

 

日焼け予防のコツとしては日焼け止めをこまめに塗り直すことと、万が一日焼けをしてしまった時、シミになりにくくするケアを行うということです。

 

外出の際は日焼け止めをつけることを日常にし、落ちてしまうのでこまめに塗り直すといったことが非常に重要となります。また、どれだけ気を付けていても日焼けをしてしまうことは少なくありません。

 

そんなときには正しいケアを行いましょう。日焼けした後は美白有効成分の入った化粧品の成分を肌に浸透させ、ケアを行うことでシミの発生を抑制させることができます。

 

デルメッドの化粧品の成分は?口コミでは敏感肌も大丈夫?

 

紫外線が気になる!早朝と夕方ウォーキングするなら?

 

一番手軽な運動であるウォーキングですが、紫外線を気にしてなかなか行えないといった方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は、ウォーキングは時間帯を選べば紫外線を気にせず楽しめるのです。

 

ウォーキングに最適な時間帯、それが早朝です。

夕方でも良いのではとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、夕方は落ちかけている西日が顔に直撃するため、紫外線により顔のシミが気になりやすくなってしまうことにもなりかねません。

 

また、夕方だから大丈夫と軽い気持ちで予防もせず外に出てしまうと、失敗するという心配も考えられます。夕日は横からダイレクトに顔を照らします。

 

そのため、日傘や帽子を使っても効果は薄いといったことも頭に置いておかなければなりません。ウォーキングに限らず、買い物や近所づきあいなどで少し外出するといった場合でも、必ず日焼け予防を。

 

飲む日焼け止め【ホワイトヴェール】の口コミや効果が知りたい知りたい!

 

*まとめ*

 

肌荒れの原因のほとんどを占める紫外線を防ぐためには、少しの油断も許さないという姿勢を崩してはいけません。

 

紫外線の量が特に多い昼頃はできるだけ外出を控え、外出するときは日傘や帽子だけでは効果が薄いため、必ず日焼け止めを使い、こまめに塗り直すことを意識しましょう。

 

こまめに塗るのが難しい方は、飲む日焼け止めとの併用がおすすめ。日焼け後のケアより、焼かないようにする方がはるかに簡単です。あなたもそう思いますよね?

 

サプリなら内側からのケアも簡単に。飲む日焼け止めの公式サイトで確認ができます。

【WHITE VEIL~ホワイトヴェール~】公式サイト⇒